過剰摂取も問題があります

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、倍近い480μgの摂取が最もよいといわれています。

ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取も問題があります。

葉酸を過剰に摂ることで発熱や身体のかゆみと言った症状を生じる危険性もあるためサプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。

妊活というものは、赤ちゃんを授かるという命の仕組みを何とかしようというものなので絶対に結果がついてくるとは限りません。

それゆえ、途中でやめてしまうこともあるようですが、残念なことだと言えます。

妊娠する確率はアップしているはずですから、そんなに重くとらえないで自分のペースで続けてください。

妊娠初期に特に多く摂りたいと、葉酸は有名になっています。

食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。

納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材ですし、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。

食生活の中に上手に取り入れ、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので間食に取り入れて欲しいものです。

栄養状態の改善や、適切な運動の励行といった実際の妊活を継続していると、やがてくたびれてくる方も居るであろうことが予想されます。

なお、妊活にとって亜鉛は、鍵とも言える非常に重要な栄養で、男性にとっても女性にとっても元気な体を作ったり、生殖機能をより高めるために欠かすことができません。

食事の中でも積極的に取り入れ、不足分をサプリメントで補うのも効果があると思います。

男女問わずホルモンの働きをよくするので、不足しないように気をつけたいところです。

妊娠前、妊娠中には出来る限り体に悪いものを避けなくてはなりません。

一刻も早く妊娠したいと妊活を行っているのなら、しっかりと栄養を摂るということは欠かせません。

太りすぎはいけませんがダイエットはやめておいて、栄養摂取を確実に行うよう努めてください。

おやつも栄養補給のために食べると思えば良いですし、食べすぎに注意すればストレスから解放されるためにも良いと思います。

貧血を起こす要因と言えば、鉄分の摂取不足によると思うのが普通だと思います。

ですが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分の摂取不足のみが主な理由だと考えるのは正しくありません。

ヘモグロビンの多い赤血球を増やすためには、鉄分と同時に葉酸を摂らなければならないためです。

なので、鉄分の摂取だけでは貧血の改善が見られないとき、いろいろな形で葉酸を摂っていくと、より早く貧血が改善されたという例もあるのです。

さらに、DHAや亜麻仁油、クリルオイルなども妊活中や妊娠初期などの栄養として、十分に摂取する必要があります。

そのため私は、ハグラビ(Hug Lavie)という新しいDHAサプリメントを摂取しています。

ハグラビの口コミでも、その効果は歴然で、ハグラビを飲むようになってから、イライラしないし、疲れにくくなった感じがしています。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク